<< 『神様は突然やってくる2 少女の願いと記憶の欠片』 | main |

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    お知らせです。

    0

       

      こんにちは。
      天堂里砂こと「さとみ桜」です。
      このたび、めでたく「第23回電撃大賞/銀賞」を受賞いたしました。

      今年の受賞者の中で最年長だよ。これまでなんとなくぼかしてきた年齢がバレた……。

       

      さて、C★Novels大賞を受賞して早8年。

      久しぶりに「選考結果早く出ないかな〜」というわくわく感を味わえました。まぁ、楽しみにしていたわりに発表の日を勘違いしていて、だいたいいつもメール来て気づいたんですけど。

      最終選考に残ったというお知らせを受けてから受賞のお知らせまでの間は「早く、早く引導を渡してくれぇ」という新鮮な気分も味わえました。なにぶん、C★Novels大賞は「最終選考に残りました」から「受賞しました」のお知らせまでが短すぎましたからね。数日しかなかった気がします(正確なところは忘れてしまいましたけど)。

       

      それでまぁ、なんで今になって投稿しているかと言いますと、お仕事増やしたかったからです(どーん)。

      そんでもって、どうしてPNが違うのかと言いますと、本気で1次選考を通過できる自信がなかったからです(真顔)!電撃大賞って投稿していた時代から、とにかく応募作が多くて、ビビリーな私は実はずっと避けていたのです。いや、C★Novelsさんの担当さんからは「いいじゃないですか、電撃大賞。賞とってきてくださいよ」と、応援されていたのですけれど。他人事だと思っ……いやいや、ありがとうございます。

       

      ですからね、いっそ1次落ちならば名前がでないのでいいですが、2次選考で落ちたら、「おぃおぃ、プロなのに2次落ちかよぉ」とか言われるんじゃないかとか、「おぃおぃ、C★Novels大賞は、そんなにレベル低かったのかよぉ」とか言われてC★Novels編集部にご迷惑をかけるわけには……!とかいろいろ考えた結果(ビビリなんで)、昔のPNで投稿したのです。それだけの理由です。
      けっして新人のふりをしたわけではござらんのです!
      C★Novels大賞受賞したときと同じPNなので、験担ぎ的なものはありましたけど!

      ちなみに最終選考会ではプロであることは伏せられていたそうです。後から公表されたとか。

       

      と、いうわけで、わたくしがビビリのせいでややこしいことになりましたが、KADOKAWAさんの担当さんとも相談した結果、今後は「さとみ桜」で本を出していく予定です。ちなみにHNはこの8年間もずっとサトミだったので、なんら違和感ないんですけど。もう、「天堂さん」でも「サトミさん」でも「さとみさん」でも好きな呼び方してください。

       

      選評がいつ発表になるかわかりませんが、いまのところ聞いたところによれば、C★Novels大賞のときとよく似た評価をいただいたようなので、つまりあまり成長してな……いや、長所は保っているということかと安心いたしましたでございます。

       

      そんなわけで、何事もなければ来年には本が出ます。ありがたや。「新人じゃないし、ご祝儀買いいらないよね」とか言わず、発売されましたらぜひぜひご購入を!ご購入をお願いいたします(土下座)。大事なことなので繰り返します。購入をお願いいたします。

       

      これからも精進努力していく所存でありますので、ご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

       

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: 天堂里砂 | - | 19:24 | - | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 19:24 | - | - | - |